お客様ロングインタビューvol.1
Nさま(京都府長岡京市)

リフォーム京都 HOME > お客様ロングインタビュー

vol.1Nさま(京都府長岡京市)

これからリフォームをお考えの方々へのメッセージ

インタビュアー
Nさまは、リフォーム・リノベーション(建て替え)を経験されたわけですが、自分の家に手を入れるというは、人生においてそんなに経験するものではないと思います。
その貴重な経験を踏まえて、これからリフォーム・リノベーション(建て替え)をご検討されておられる方に、メッセージをいただけませんでしょうか?
Nさま
リフォーム・リノベーションそれに家を建てるのであれば、それなりのお金が動きます。だから「何が必要で」「いくらの予算で行うのか?」をはっきり決める必要があると思います。個人的に言わせてもらったら、工事を任せる会社の対応力や担当者の人柄も大事だとおもう。施工業者を選ぶなら、いろんな質問をぶつけて、どんな対応をしてもれえるのか?
自分たちが納得できるまで調べてみるべきだと思いますね。

インタビュアー
では相見積すべきだと?
Nさま
そうです。
どんどんやるべき!
相見積もりをして、いろんな業者とやり取りを繰り返す程、何か見えてくる部分があるはず。さらに言えば、検討している業者さんが「建ててた家」を見に行くのも必要ですね。
絶対、焦って決めない方が良い。
私は運良くハウスウィンドウさんに出会えたから…。
ハウスウィンドウさんは、どんな仕事をしているのかを見せていただけてましたしね。
インタビュアー
奥さまは、どんなことをお感じになられますか?
奥さま
私は医療関係、整形外科で働いています。医療関係者としの視点で意見を述べさせてもらうと、入院患者さんがご自宅に帰る時に、ネックになるのが住宅環境。段差・トイレ、年齢・同居されるご家族の対応力も問題になる。
若い時は子供とか優先になると思うけれど、ある程度の年齢。40とか50代になって、家を買うとかリノベーションするのであれば、バリアフリーのことを考えてやらないと後々困ることになるじゃないでしょうか。

Nさま
そうですね。
手すり1つにしても、依頼する側からきちんと要望を出すか出さないかで、方向性が変わる。理想としては健常者でずっといることだけれど、人生明日のことはわからない…。
将来のことを考えた場合、バリアフリーだけで普段の生活の動線に対するアイデアとか、色んなアイデアの引き出しがある業者さんを選ぶべきですね。
インタビュアー
依頼する側も、施工業者にまかせきりではなく、「予算」「家に必要なこと」「将来像」などのビジョンを持つべきだと?そして相談に乗ってもらえるたり、対応してもらえる業者を選ぶべきだということですか?
Nさま 奥さま 共に
その通りだと思いますね。

困ったときは、お客様サポート

「リフォームについてもっと知りたい!」、「こんなこともできるの?」など、
ご不明なことがあれば、お電話・メールにてお問合せ下さい!

電話で問合せ06-6376-4140 受付時間 平日9:00~18:00

WEBでお問い合わせ24時間受付中!