京都リフォームコラム
リフォームの工事前や工事中って何をすればいいの? ~段取り篇4~

リフォーム京都 HOME > 京都リフォームコラム >リフォームの工事前や工事中って何をすればいいの? ~段取り篇4~

京都リフォーム編集部が調査した、リフォーム時のお悩み

京都リフォームでのお悩み、ご近所の目もある。リフォームの工事前、工事中の対処方法は?

京都リフォームの先輩が話す「こうしたらよかった」or「こうすればよかった」

うちは京都でも新興住宅地なので、ご近所さんから地鎮祭は必要ないのでは?と言われて迷ったんですが、子どもたちの思い出になればと増築・リノベーションに伴い執り行いました。地元の神主さんの話を聞いて、リノベーション業者さんや土地を提供してくれた夫の親など、かかわる人たちへの感謝の気持ちを改めて強くもてたと思います。お陰で感謝の言葉も、皆さんにお伝えすることができました。
(京都市伏見区 37歳女性)

リフォーム工事に先だち、ご近所にあいさつに行ったのですが、天気のいい連体の中日だったこともあり、お留守の家も多かったんです。手みやけと一緒にポストに入れられるカードを用意しておけばよかったと後悔しています。
(京都府宇治市41歳女性)

リフォームの工事現場にフローリングの端材があったのでもらってきました。それを持って家具の量販店に行ったところ、床材と色や雰囲気の合ったテーブルやソファを選ぶことができました。
(京都府向日市 45歳女性)

リフォーム工事中のお茶出しは、必要ないと言われていました。しかし冬のリフォーム工事だったし、ペットボトル入りの温かいコーヒーを工事現場に持ったら、皆さんにとても喜んでいただきました。「ペットボトルなら飲みかけでも、現場から持ち帰れるのでイイ」いいと言われたので、毎回それを持っていっていました。
(京都市伏見区 51歳女性)

リフォーム工事で窓枠ができた段階で、インテリア会社の方に採寸に来てもらいました。おかげで。早めにカーテンの見積もりができたので、特殊なサイズのオーターを、余裕をもって部屋に入れるこができました。
(京都市右京区 42歳女性)

リフォーム工事の期間を利用して、引っ越しの見積もりを早めにできたのがよかったです。3月は引っ越しのトンプシ~ズン。私たちは残念ながらその時期に、引っ越し予定せざるを得なかったんです。でも事前見積もりのキャンペーンを利用して、遅い時間帯で安くできる方法を考えてもらうことができました。
(京都府長岡京市 44歳男性)

リノベーション後の上棟式はやらない人もいると聞いていましたが、リフォームの工事現場に通ううちに、職人さん達と仲良くなりました。そんなこともあり、やはり何かしたいと思いました。彼らは車で来てくれているので、お酒はお出しできなかったのですが、代わりにお弁当を食べてもらい、ビール券を持って帰ってもらいました。
(京都市左京区 42歳男性)

リフォームのプロならではのアドバイス

ハウスウィンドウ:奥谷

リフォームやリノベーションエ事前の近隣へのあいさつは、先に施主、後からリフォーム工事責任者が行くのがベストでしょう。今までの経験をお話しすると、これからご近所になる施主には遠慮して言えなかったことも、工事責任者にはざっくばらんに言ってくれる、という事例はよくあります。また、リフォーム工事中のお茶出しは必ずしも出していただくことはありません。しかし可能であれば、工事後のことを考えると、週1回くらいは現場を見にいったほうがいいですね。このとき、気持ち程度の差し入れを持っていくと、会話がスムーズにはなります。

困ったときは、お客様サポート

「リフォームについてもっと知りたい!」、「こんなこともできるの?」など、
ご不明なことがあれば、お電話・メールにてお問合せ下さい!

電話で問合せ06-6376-4140 受付時間 平日9:00~18:00

WEBでお問い合わせ24時間受付中!