京都リフォームコラム
リフォームの要望の伝え方 ~段取り篇2~

リフォーム京都 HOME > 京都リフォームコラム >リフォームの要望の伝え方 ~段取り篇2~

京都リフォーム編集部が調査した、リフォーム時のお悩み

京都リフォームでのお悩み、家族の要望がうまく伝わらない…

京都リフォームの先輩から聞いた「こうしたらよかった」or「こうすればよかった」

「吹抜けリビングに」「ダイニング近くに子どもの勉強コーナーを」といった具体的な要望を言わず、「開放的なリビングが良いなぁ」「親の目の届く場所で子供に勉強させたいです」とかなり幅をもたせて依頼してまったんです。でもこちらの要望とは少し違うリフォーム提案が…。当然といえば当然ですよね。そのあときっちりリフォームの要望を伝えたら、に合わせてわが家に合ったプランを提案してもらえました。コミュニケーションは大事ですね。
(京都府伏見区 35歳女性)

リフォーム会社を1社に決めてから、その会社の別のモデルハウスや、完成物件をたくさん見たのがよかった。「階段は▽展示場みたいがいい」とか「■邸みたいな玄関収納が好み」と要望を言えば、リフォーム後のイメージが伝わり、話が早かったと思います。
(京都府宇治市 53歳男性)

こんなようなLDKにしたい、という角度の違う写真数点をリフォーム業者さんに見せたら、ほぼ変わらないリフォーム提案が出てきました。一応気に入ってはいますが、写真からインスピレーションをつかんで、少し違うリフォームの提案が欲しかった。やっぱりコミュニケーションは大事ですね。
(京都府向日市 43歳女性)

リフォームで実現させたい間取りを、家族全員でまとめて、優先順位を1.2.3と表してリフォーム業者さんに渡しました。要望にあった、サーフボード置き場は断念しましたが、玄関の近くに趣味の部屋兼、書斎が出来てよかったです。
(京都府長岡京市 37歳男性)

いいなと思った建築系の雑誌のページに印を貼ったものを何冊か、リフォーム業者の営業さんに見てもらいました。結果、こちらのリフォームのイメージがきちんと伝わり、話が進めやすかったです。具体例って大事ですよね。
(京都市伏見区 51歳女性)

IKEAのホームベージをリフォーム会社の方に見てもらって、購入希望のソファやテーブルの種類を伝えたら、家具のサイズはもちろん、お部屋の雰囲気も家具に合わせたリフォーム提案をしてくれました。コレは大正解でしたね!
(京都市中京区 女性34歳)

リフォーム時は、夫が単身赴任中。しかたがないので打ち合わせはほとんど私ひとりでした。そのときは、夫の要望を細かく電話で聞いてまとめてリフォーム会社の方に伝えました。その結果、私の希望も整理できて、リフォーム会社へのうまく伝わったと思います。
(京都市伏見区 41歳女性)

リフォームのプロならではのアドバイス

ハウスウィンドウ:坪倉

リフォームでは、「こんな部屋が欲しい」といった具体的な要望が大事です。もし具体的な要望がなければ、「みんなで同じ部屋にいたい」など。漠然としたイメージで結構ですから、希望を文字で書き出してみましょう。その真意を読み解くのも、リフォーム会社の仕事です。また、リフォーム会社のサイトやSNSや写真投稿サイト、雑誌や住宅メーカーのカタログなどの気に入った写真を、リフォーム会社に見てもらうと、さらに伝わりやすいと思います。できれば言葉よ、具体的なビジュアルをお見せいただくほうが、意識共有の手助けになりますので、なるべく写真やサイト事例を集めてください。

困ったときは、お客様サポート

「リフォームについてもっと知りたい!」、「こんなこともできるの?」など、
ご不明なことがあれば、お電話・メールにてお問合せ下さい!

電話で問合せ06-6376-4140 受付時間 平日9:00~18:00

WEBでお問い合わせ24時間受付中!