京都リフォームコラム
リフォーム工事後「失敗」だと思わないために

リフォーム京都 HOME > 京都リフォームコラム >リフォーム工事後「失敗」だと思わないために

京都リフォームリフォーム後の京都暮らしで「失敗」だと思わないために。

リフォーム工事に関するトラブルで大きな割合を占めるのが、「自分がイメージしたものと完成したものが違う」というものです。
自分がイメージをしたものを言葉だけで業者に伝えるのは限界があります。どんなに説明が上手い人でも自分のイメージを100%伝えるのは難しく、こちらが意図したイメージと全く違うイメージを業者側が抱いているに気付かないまま、工事に着工することも珍しくはありません。これを避けるためにはどのような方法を用いればいいのでしょうか?

京都リフォーム「失敗」だと思わないための対策方法

誰にでもできる方法として、写真などをスクラップしたものを提示してイメージを伝えるというものがあります。雑誌やカタログなどから、自分のイメージに近いものを探し出し、スクラップして、それを参照しながら業者に説明するのです。この方法だと業者にもある程度こちらの意図するイメージが伝わりますので、こちらのイメージと180度異なるリフォームが行われることは無くなるでしょう。
ただしリフォーム業者にも得手不得手があり、依頼する予定の業者が、自分のイメージしたようなテイストのリフォームをできない可能性もあります。そのため依頼する業者を選定する段階で、自分のイメージするリフォームを施工できるかどうか確認する必要があるでしょう。その際は業者のパンフレットなどを見て、業者が得意とするテイストと自分のイメージが合致するか調べてください。
業者がリフォーム見学会などを定期的に開催している場合は、足を運んで実際の施工事例を見ておくのもいいでしょう。
もし見学して自分の望むイメージとかけ離れている場合は、別の業者をあたってみる方がいいかもしれません。

また写真でイメージを伝えた後、こちらの意図するイメージがちゃんと業者側に伝わっているか確認するようにしましょう。これは出来上がった設計図を見ても判断できません。そのためパースやCGが作成されているならばそれを事前に確認しましょう。あと内装材などによってもイメージは大きく変わってきます。カタログだけで判断せず、ショールームなどで実際に使用する予定の材料を確認して自分のイメージに合うかしっかりと確認しましょう。

担当してくれる京都のリフォーム業者とイメージを共有する方法

スクラップブックを業者に見てもらう
雑誌やカタログに自分のイメージと類似した写真があれば、それを業者側に見せて、自分のイメージを業者に伝えましょう。
業者側の施工事例を見学する
リフォーム業者が手掛けた京都での施工事例があるのであれば、見学することにより、自分のイメージするようなリフォームができるかどうか判断できるだけでなくよりイメージしやすくなります。
業者にパースを描いてもらいましょう
やはり見慣れていない設計図だけではイメージに合致するか判断できない箇所も存在します。そのためできるなら業者にパースを描いてもらってそれで判断しましょう。また昨今はCGを作成する業者も増加していますので、CGがある場合はそちらを見せてもらうとよりリフォーム後の京都での暮らしをイメージしやすくなります。

設備機器や材料を選択する際は絶対に実物を確認しましょう

設備機器や材料をカタログだけで判断する方もいますが、それは大変危険なことです。カタログはあくまでイメージであり、そのまま全くイメージ通りのものが届くとは限りません。実物が届いてから色味や配置してみた時の雰囲気が全く違うとなると、せっかくうまくいきかけてたリフォームも水の泡です。人を招くことの多い京都だからこそ、そこは慎重に進めていく必要があります。とくに設備機器や材料は簡単に変更のきかない大きなものなので、一度現場に搬入されてしまえば、どんなに自分のイメージと異なっても高額な違約金を支払わない限り、交換することは難しいでしょう。そのような事態を避けるために、面倒でもショールームに足を運んで実物を確認してください。

ショールーム見学でより具体的にできる京都での生活

メーカーのショールームは、自社の最新商品や主力商品を展示する場所です。そこに行けば実際の設備機器を見たり、触れたり、実際に使用感を確かめたりできます。 またショールームには設備機器や材料に精通したスタッフが常駐しているので、いろいろと質問して疑問点を残さないようにしましょう。気に入った設備機器や材料があれば、そのまま見積もりをしてもらって大丈夫です。システムバスやシステムキッチンなどは大きさやカラー、そして形まで幾通りの中から選択可能となっていますので、スタッフと話をして細部を詰めていきましょう。

ちなみに、ショールームはあくまで設備機器を見たり使ったりする場であり、一般消費者への販売はほぼしておりません。また見積もりもあくまでメーカー小売価格がベースであることを忘れないでください。既に依頼するリフォーム業者が決まっている場合、見積もりは原則リフォーム業者との間で行われます。リフォーム業者の担当とともにショールームに行けば、その担当者の意見を参考にしながら設備機器や材料を選択できます。そして業者とメーカーの話がまとまれば、業者経由で設備機器や材料を購入することになるのです。

妥協の少ない京都住まいを

リフォーム費用は決して安いものではありません。リフォーム後に「失敗した」と思ってしまう部分があると、せっかくのリフォームした後なのに快適な京都生活をスタートできませんよね。そういった事にならないためには、計画やイメージをより具体的にするだけでなく、それをいかに担当のリフォーム業者に伝えるかが重要です。費用の関係で優先順位的に諦めなくてはいけない部分がでてくる事もあるかもしれませんが、結果的に「もう終わった事だし仕方ないよなあ・・。」と思ってしまわないのであれば大丈夫です。重要なのは、リフォームが終わった後求めていた京都の暮らしができているのかどうかです。そのためにはリフォーム業者とのすれ違いや勘違いを話し合いの段階で出来る限り減らす努力が必要になります。手間や体力がかかってきてしまう所ですが、細かいところまで手間を惜しまない事がリフォーム成功へと繋がるのです。

困ったときは、お客様サポート

「リフォームについてもっと知りたい!」、「こんなこともできるの?」など、
ご不明なことがあれば、お電話・メールにてお問合せ下さい!

電話で問合せ06-6376-4140 受付時間 平日9:00~18:00

WEBでお問い合わせ24時間受付中!