京都リフォームコラム
リフォームに関する「保険」や「保証」

リフォーム京都 HOME > 京都リフォームコラム >リフォームに関する「保険」や「保証」

京都リフォームリフォームに関する「保険」や「保証」

京都の方に京都に特化したリフォーム・リノベーションの情報をお送りする「京都リームコラム」。
今回は、リフォームに関する「保険」・「保証」に関するお話し。

リフォーム後のトラブルが心配

お金をかけてリフォームしたのに、後から問題が出てきた場合どうすればいいのでしょうか?そんな時に役に立つのが「保証書」なのです。この保証書があれば、保証期間内に不具合が見つかった場合、リフォーム業者が原則無料で修繕してくれます。家電などの保証とほぼ同じと考えていいでしょう。

リフォームの保証期間はどうやって決める?

保証期間を決める場合、リフォームした箇所ごとに保障期間を設定するのが一般的ですが、雨漏り防止部分や柱などの主要部分については長期保証する業者も増えています。業者によっては10年間保証するところも存在するようです。ただ主要部分以外、例えば建具や内装に関しては1年から2年程度の短期間の保証となるのが一般的。また保証期間は業者間でかなり差がありますので、リフォーム前に保証期間について確認することをお勧めします。

リフォーム業者を保険という視点で選ぶ

リフォーム業者を選択する際は「リフォーム瑕疵保険」に加入しているかどうかを判断材料にしてもいいでしょう。このリフォーム瑕疵保険というのは、リフォーム業者が保険会社に保険料を支払い、リフォームの瑕疵(欠陥のことです)が見つかった場合に瑕疵の修繕にかかった費用をカバーする保険のことです。さらにリフォーム業者が瑕疵の修繕をすることなく倒産した場合は、瑕疵の修繕にかかる費用分の保険金がリフォームの依頼主に直接支払われるので安心です。

気になるリフォームの保証期間は?

リフォーム瑕疵保険の対象は、リフォーム工事をしたすべての部分となります。ただ保証期間がちょっと短めで、構造上の主要部分は5年間、それ以外の部分は1年間しか保証されません。また保険加入ができるのは保険法人へ事業者登録した業者のみ。保険利用件数などが公開されますのでリフォーム業者の中には登録してないところも存在します。また保険の申し込みは工事単位で行われることになります。

リフォームの保険や保証を業者に尋ねてみる

リフォーム業者が事業者登録しているのならば、リフォーム瑕疵保険の申し込みを頼んでください。また事業登録しているかどうかは「住宅瑕疵担保責任保険協会」のサイトで検索することも可能ですから、リフォームを依頼する予定の業者が登録しているか事前に検索するのもいいでしょう。仮に事業登録していないリフォーム業者でも手厚い保証を独自に行う業者も存在しますので、瑕疵が見つかった場合どういう対応をしてくれるのかリフォーム業者に直接聞いてみてください。

リフォーム工事に関する保証書について

保証書が交付されていれば、工事終了後保険保証期間内なら不具合が生じても原則無料で修繕してもらえます。ドアが開きにくいとか、雨漏りなどが生じている場合は速やかに業者に連絡しましょう。

京都のリフォーム業者や工務店は大丈夫?

京都は昔ながらの工務店も多く、残念ながらこのようなリフォーム保険や保証に対応していない業者も少なからずいらっしゃいます。しかし、リフォームに関するトラブルが後を絶たないのも事実。地元京都のリフォーム業者や工務店に依頼して、ご自宅のリフォームをお考えなら、「価格」「技術」だけでなく「保険」「保証」という面からも吟味したいところですね。

困ったときは、お客様サポート

「リフォームについてもっと知りたい!」、「こんなこともできるの?」など、
ご不明なことがあれば、お電話・メールにてお問合せ下さい!

電話で問合せ06-6376-4140 受付時間 平日9:00~18:00

WEBでお問い合わせ24時間受付中!