京都リフォームコラム
施主支給にはどんな問題がある?

リフォーム京都 HOME > 京都リフォームコラム >施主支給にはどんな問題がある?

京都リフォーム京都でのリフォームでも少しずつ増えてきている施主支給

皆さんは「施主支給」という言葉を知っているのでしょうか?京都はまだまだリフォーム前の家が多く、ほとんどの人が初めてのリフォームなので、知らないという人の方が多いかと思います。では、「施主支給」とはどういった事なのか、その「施主支給」を行う際の問題点は何があるのか。今回はその内容についてご紹介させて頂きます。

京都リフォーム施主支給を京都リフォームで行う際に気を付けるべき問題点とは?

リフォームに使う設備機器などの商品は、まずリフォームの依頼主が商品を選択し、それをリフォーム業者に伝えます。その後リフォーム業者がその商品を作っているメーカーに発注して、商品がリフォーム現場に届くというプロセスが一般的ですよね。

しかし、その一方最近は「施主支給」というスタイルも増えてきています。どんな流れかと言いますと、依頼主が商品を選択するところまでは同じですが、選んだ商品を依頼主自ら購入して現場に届けてもらい、その商品でリフォームをしてもらうというものです。つまり商品の発注を、リフォーム業者を通さず行うことになりますし、支払いもリフォームの依頼主が直接行います。

現代ではネットでの販売も充実しており、依頼主が容易に商品を調達することができますが、購入する前に一言リフォーム業者に施主支給する旨を伝えるようにしましょう。もし伝えておかないとリフォームの予定を組み直さなければいけない場合がありますし、リフォーム業者によっては施主支給自体を認めない場合もあるからです。

施主支給のメリットと京都リフォームを失敗で終わらせないために気を付けたい落とし穴

施主支給で商品を調達すれば、かなりの安価で調達できる事もありますし、リフォーム業者が取り扱っていないメーカーの商品も使えるというメリットがあります。特に、京都の街並みに合った照明器具など、生活の雰囲気に大きく影響するものに関してはできるだけ妥協はしたくないですよね。そういった比較的取り換えが容易な商品ならば、それほど問題が生じることはありません。

でもこれがシステムキッチンやユニットバスのような、大型で設置するのに手間が掛かる商品になると話が別になります。一般的な流れとして、見積もりを経てリフォーム契約を締結する時点でリフォーム計画が組み上がり、設置する設備や機器のだいたいの寸法が決まっています。自分で選んだものがその寸法に合えばいいのですけが、寸法を無視したものだった場合は、設置するための調整が再度必要になりますし、予定より早く届けばその保管場所を確保する必要もあるのです。

またリフォーム業者経由でメーカーに発注した場合は、リフォーム業者やメーカーのアフターフォローが受けやすい一方、施主支給の商品については、業者などからのアフターフォローが受けにくくなってしまいます。施主支給は予算内で理想的な京都暮らしを手に入れる事ができるコツの1つでもありますが、施主支給の商品を使う場合はアフターフォローを受けることができるかも確かめた上で購入するようにしましょう。

施主支給の商品で発生する可能性のある問題とは?

  • ・商品知識がないまま購入したため、設置するために余計なコストがかかる可能性があります
  • ・工事開始までの保管場所を確保する必要があります
  • ・工事の納期までに届かずリフォーム期間が延長する可能性があります
  • ・リフォーム業者やメーカーからのアフターフォローが受けられない可能性があります

長く京都に暮らしていくからこそ落とし穴も知っておく

せっかくリフォームをするのだから、できれば失敗はゼロの方がいいですよね。そのためには、メリットがあるものには必ずどこかに落とし穴があると疑う事が重要です。京都での理想的な暮らしとなると、どうしても気持ちが高ぶってしまい良い事が耳に入ってきやすいですが、そういう時は一旦家に持ち帰り、数日たって少し冷静になってから見直すと、案外その時に気づけなかった落とし穴に気づく事ができます。京都で長く暮らしていくために行うリフォームなので、良い部分だけでなく悪い部分や落とし穴にも目を光らせて事前に予想しておくだけで簡単に避けれる事もリフォーム成功のコツです。

困ったときは、お客様サポート

「リフォームについてもっと知りたい!」、「こんなこともできるの?」など、
ご不明なことがあれば、お電話・メールにてお問合せ下さい!

電話で問合せ06-6376-4140 受付時間 平日9:00~18:00

WEBでお問い合わせ24時間受付中!