京都リフォームコラム
格安リフォームのカラクリを知っておこう

リフォーム京都 HOME > 京都リフォームコラム >格安リフォームのカラクリを知っておこう

京都リフォーム格安リフォームのカラクリを知っておこう

新聞の折り込みチラシやインターネットをチェックすると「システムキッチン今なら50%引き」「システムバスを何と65%オフでお届け」などといった広告を見かけるはずです。「こんな割引価格で販売して、業者は儲けを確保できるの?」と、思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ですが、こういった割引にはカラクリがあるのです。重要なキーワードとなるのが「メーカー希望小売価格」です。リフォーム工事を請け負う工務店がメーカー小売希望価格のまま引き渡すことなんてまずありません。一般的に希望小売価格の7割から8割弱、場合によっては半額程度で引き渡す場合だって存在します。つまり希望小売価格より安い金額で提供するのが当たり前となっているのです。

ただしどれくらいの安さで提供できるかは、リフォーム業者と設備を生産するメーカーとの力関係で変わってきます。また型が古い商品や余剰在庫品は当然安く提供される確率が高くなるでしょう。だからメーカー小売価格と比較して〇〇%割引と書いてある広告は、それほど重要視しないようにするのが無難です。

では「全面リフォームするならば坪単価〇万円で可能です」と謳っている広告はどうなのでしょうか?実はこの手の広告にもカラクリがあるのです。この広告の価格はあくまで標準タイプのリフォームをする場合の価格であって、少しでもカスタマイズしたリフォームになるとこれ以上の単価が必要となってきます。標準タイプの仕様を確認せず坪単価をベースに費用を算出してしまうと、びっくりするほどの金額となり、予算内に収まりません。
広告の金額は客寄せのためのものです。そんな金額に左右されることなく、予算内に収まるかシビアに計算し、少しでも予算オーバーするならその都度コスト調整をしていった方が、希望に近いリフォームを行うことができるでしょう。

予算内に収まるようにコストを調整するための方法は?

リフォーム後に使えるものは残すようにする
現在使っている設備をリフォームで再利用できないか、予算を睨みながら考えてみましょう。
見た目より機能重視の姿勢で
見た目をよくしようとすると価格が跳ね上がります。見た目にこだわりすぎず、機能重視の姿勢で設備や材料を選択しましょう。
リフォームの優先順位を立ててそれに沿って調整する
リフォームをしなければいけない箇所はどこか、しっかりと順位付けを行い、それに基づき予算は配分していきましょう。

困ったときは、お客様サポート

「リフォームについてもっと知りたい!」、「こんなこともできるの?」など、
ご不明なことがあれば、お電話・メールにてお問合せ下さい!

電話で問合せ06-6376-4140 受付時間 平日9:00~18:00

WEBでお問い合わせ24時間受付中!