京都リフォームコラム
トイレのリフォーム

リフォーム京都 HOME > 京都リフォームコラム >トイレのリフォーム

京都ならではの事情を汲んだトイレ・リフォーム

趣ある古い家の建ち並ぶ京都。古くからある京都の家の持つ良さを活かしながら快適に暮らすのにはリフォームがうってつけです。 トイレはいつも使い、お客様も利用する場所です。細やかな心配りのある京都人、狭い場所ですがいつも誰でも受け入れられるような清潔感があり、さらにハイセンスな京都っ子のオシャレ感をくすぐるようなデザインへトイレをリフォームしてみませんか?

京都の季節的特徴を考えてトイレをリフォーム

夏はとても蒸し暑くなる京都、トイレの雑菌や臭いなどに注意が必要です。清潔感を出すのに大事なことは小まめな掃除です。そのため掃除がしやすい視点で、クッションフロアのようなビニール系素材を床材にすることをお勧めします。

リフォームには京都らしい小物の演出も

オシャレ感を出す場合にキーとなるのが内装と設置する小物です。アクセントをつけるために壁の一面だけ色の違うビニールクロスを用いたり、ペンキで好きな色に塗ったりするのもいいでしょう。また腰壁にむく材を使用し、珪藻土や漆喰を壁材にすれば、清潔感が前面に出てきますし、同時に爽やかさまで呼び込むことができます。ペーパーホルダー、スイッチ、手洗い器など既存の器具もオシャレ感漂うものに取り換えてみましょう。京都の町並みや暮らしぶりに合う雰囲気の内装にするのもいいかもしれませんね。

京都のトイレのリフォームについて

京都のトイレ・リフォームする際に注意することは?

狭い空間なので、小物などでオシャレ感を出すようにしましょう。新しいタイプの便器を設置する場合は、排水管に適合するかどうか確認を。2階にトイレを新造する場合は、給水管と排水管の系路はしっかりと把握しましょう。京都には密集して家の建つ地域もたくさんあります。忘れがちですが、新造によって騒音が発生しないかのチェックも怠りなくやってください。

トイレに最適な広さは?

幅1.0×長さ1.5m程度がトイレの標準的な広さとなります。介護を考えるなら、便器の近くに50cm程度のスペースがあれば便利です。救助や介助が必要となる緊急事態に備える場合、トイレの出入り口は最低でも幅80cmは確保するようにしましょう。

トイレリフォームのポイント

寂しい雰囲気が漂う場所ですので、色合いだけでもそれを打ち消すようにしてください。
トイレは汚れやすい場所ですので、汚れにくく、掃除のしやすい床材や壁材を採用しましょう。
床材はビニール床タイルやコルクがお勧め。壁はバイ菌が増殖しにくくするため抗菌ビニールクロスがいいでしょう。湿度の高い京都では特にオススメです。取り換えが容易なよう腰壁を一部板張りにしてそれにペイントするのもお勧めです。

トイレリフォームで付けたい設備や器具

温水便座を設置するためにアース付きコンセント、臭い対策のために換気扇が絶対に必要です。トイレットペーパー用のペーパーホルダーも必須です。介助を視野に入れるならトイレリモコンも必要となってくるでしょう。
底冷えする京都、冬場のトイレは寒いので、温風ヒーターやパネルヒーターがあれば寒さを緩和させることができます。手洗いカウンターやトイレットペーパーなどを収納する棚があると便利です。緊急時に備えて緊急ブザーがあれば安心でしょう。

トイレの照明

明るすぎても落ちつきませんので、40w程度の照明を設置してください。何度も出入りする場所ですので、明るくなるまで時間のかかる蛍光灯は避けましょう。
利便性と清潔性を考えてセンサー式の照明を採用するのもお勧め。ただし長時間便座に座っていると消灯するリスクがあります。

トイレの湿気対策と換気

臭い対策のために天井換気扇を設置しましょう。自動で換気できるようにタイマー付き換気扇にすると便利です。可能ならば自然換気もできるように小窓も設置してください。わざとドアの下の方に隙間を作り、風が通り抜けることができるようにする方法もあります。

困ったときは、お客様サポート

「リフォームについてもっと知りたい!」、「こんなこともできるの?」など、
ご不明なことがあれば、お電話・メールにてお問合せ下さい!

電話で問合せ06-6376-4140 受付時間 平日9:00~18:00

WEBでお問い合わせ24時間受付中!