京都リフォームコラム
洗面・脱衣所のリフォーム

リフォーム京都 HOME > 京都リフォームコラム >洗面・脱衣所のリフォーム

京都らしい洗面・脱衣所の在り方とは?

オシャレな人の多い京都、洗面脱衣所は身だしなみを整える大切な場所です。京都の暮らしにしっくりくるような洗面脱衣所のリフォームを考えてみてはいかがでしょうか。

洗面・脱衣所のリフォームは周辺環境も関係する

洗面・脱衣所のリフォーム考える時は、浴室そして場合よってはトイレまでを含めたリフォーム計画を立てるようにしましょう。洗面脱衣所の十分なスペースを確保できないのなら、間仕切り代わりに腰高程度の壁やガラスのドアを設置して、少しでも広く感じるような工夫をしましょう。

洗面・脱衣所のリフォームでは照明も重要

洗面所は化粧やメイクを落とす場であるのと同時に、洗濯などをする場でもあります。そのため多面的に利用できるような収納や照明を配置するように心がけてください。例えば洗濯機の隣にオープン棚を設置すれば洗濯もの置き場としても、お風呂グッズの予備の置き場としても使えるはずです。

アクセントで京都らしさを演出したい

またスペースに余裕があればツインボウル洗面台を設置して家族で洗面台の取り合いが発生しないようにするのもいいでしょう。照明は明るさだけでなく、雰囲気ある京都の家に合うようデザイン性も加味して設置するようにしてください。

京都リフォームコラム的 洗面・脱衣所のリフォームとは

洗面・脱衣所のリフォームでの注意点

浴室とセットでリフォーム計画を練りましょう。使い勝手をよくするために、シャンプーやボディソープなどがすぐに出せる収納を設置することをお勧めします。清潔感を全面に出しながら京都人の粋な遊び心を演出できるようなインテリアを設置すれば、より素敵に仕上がるでしょう。家族の人数に応じてツインボウル型洗面台の設置を検討してください。また洗濯機の設置場所は動線を考えて決定を。

洗面・脱衣所のサイズは?

浴室とのバランスを考えた場合は2畳程度が標準的な広さとなります。壁にバスタオルを掛けることができるタオルバーを取り付けることができるようにスペースを確保しましょう。天井は無理に高くする必要は無く2.4m以下でも大丈夫です。

京都における洗面・脱衣所のポイントは?

夏は多湿な気候の京都。特に水回りは湿気が籠りやすい場所なので、床材、壁材ともに湿気を寄せ付けず掃除が簡単にできるものにするのが理想です。床材はビニール床タイルやコルクにすると踏み心地がいいですし、竹フローリングなどは湿気対策としても、また京都に多く見られる和風の家屋にもとてもよく合います。

洗面・脱衣所に付けておきたい設備や器具

洗濯機や乾燥機は当然として、それらを動かすために専用のコンセント、鏡とタオル掛けバー、そして多湿な京都では気をつけておきたい湿気対策として、天井換気扇も必須と言えます。
夏は高温、冬は底冷えする京都では、夏場冬場の温度調整のために涼風暖房機、足元暖房、そしてパネルヒーターがあればいいですし、利便性を考えればタッチレス水栓やスイング三面鏡、そしてタイマー付き換気扇も欲しいところです。

洗面・脱衣所の照明

身だしなみのチェックができるように鏡周りの部分照明に25wのものを、そして全体照明として60wの照明を設置しましょう。湿気が多い場所ですので、湿気に対する耐性があるものを選択してください。
洗面脱衣所のスイッチだけでなく、浴室のスイッチの場所も一体として考えましょう。入り口付近の壁にスイッチ類を配置する場合は、引き戸タイプは避けてください。

京都の気候を考慮した洗面・脱衣所とは?

湿気が大変たまりやすいので、換気設備の配置には注意が必要です。湿度も高い京都の気候を考えると、自然換気だけでは不十分かもしれません。浴室側の天井換気扇や換気暖房乾燥機もフル稼働させて換気をするようにしましょう。

困ったときは、お客様サポート

「リフォームについてもっと知りたい!」、「こんなこともできるの?」など、
ご不明なことがあれば、お電話・メールにてお問合せ下さい!

電話で問合せ06-6376-4140 受付時間 平日9:00~18:00

WEBでお問い合わせ24時間受付中!