京都リフォームコラム
キッチンのリフォーム

リフォーム京都 HOME > 京都リフォームコラム >キッチンのリフォーム

京都リフォームキッチンリフォーム、京都ならではの事情も

京都では家を大切にし、長く住む方も多く、そのため京都のキッチンは昔のままの、使い勝手の決して良くないものも多く残ります。そこで今回は京都のキッチンをより快適にするためのリフォームについて考えてみましょう。

まずは、キッチンのタイプを決定しましょう

キッチンのリフォームでは、まずはオープンタイプにするか、セミオープンか、それとも独立型かなど、デザインを決めましょう。不満点を列挙してそれを解消することと同時に、リビングやダイニングにいる家族と気軽に会話ができるようにして、楽しい空間にすることも心がけてください。

キッチンの収納スペースは増やしたい

オープンタイプを採用したいが、ダイニング側からシンクの中が見えるのは嫌な場合は、格子を設けたり、カウンターを高くしたりして見えない工夫をしてみましょう。 キッチンスペースは収納の確保も重要になってきます。一般的にデッドスペース化するカウンターの下部などに収納スペース作ったりして、できる限り収納できる場所を多く設置するリフォームプランを考えたいモノですね。

京都のキッチンのリフォームについて

京都でキッチンをリフォームする際に注意すべきことは?

家族の形態に合わせて、各キッチンタイプの利点と欠点を比較しましょう。特に京都の住宅事情も考えて、キッチンの位置を変える場合は、給水管と排水管をどうするかまで考えてください。リビング・ダイニング+キッチンにしても、ダイニング+キッチンにしても、まずは目線がどうなるか注意しましょう。

京都ではキッチンの広さや寸法はどれくらいが標準?

幅が2.4m以上あればキッチンが使いやすくなります。移動することを考えてキッチンと後ろの食器棚の間は90㎝程度確保しましょう。京都は狭所の台所も多いので、冷蔵庫の開閉方法に注意して、冷蔵庫の設置場所を考えましょう。家族の使い勝手を考えてダイニング側にするか、それとも調理中の出しやすさを考慮して一番奥にするか、おそらくこの2択になると思います。

京都のキッチンリフォーム「仕上げ」の注意点は?

京都人は料理上手。調理が長時間に及ぶことがあるので、足や腰が疲れにくい弾力性のある材料を使いましょう。例えば床材ならコルクかクッションフロアを。壁材は掃除しやすさを考えて、タイルやハードタイプのビニールクロス、そしてキッチンパネルなどがお勧めです。

キッチンに付けておきたい設備や器具は?

必須となる設備や器具は、熱式の火災報知器、IHコンロ、レンジフード、換気扇、給湯リモコン、そしてインターホンなどです。キッチンは調理する場ですので、調理に必要な設備器具は当然必須ですし、調理中は手が離せなくなるためインターホンや給湯リモコンも必須となるでしょう。

あると便利な設備器具は、専用コンセント、足元暖房、水の蛇口を足で止めることができるフットスイッチ、そしてバーベキューグリルなど。便利な設備を整え、京都の家庭ならではのおいしい京都料理を作って楽しむのはいかがでしょうか。

京都でのキッチンリフォーム 照明はどうするべき?

キッチン全体を照らす全体照明と調理や洗いものの時に使う作業用照明の2つのものを設けましょう。最近ではたくさんの種類の照明器具があり、美しいもの好きな京都人にきっと満足いただけるのでは?

キッチンの広さが5畳までなら、高周波に変えて点灯するタイプのインバーター蛍光灯の40wのものを設置し、5畳から7畳の場合は80wのものを設置してください。またキッチンは意外と電気を使用しますので、現在の契約が適正かどうかも考えてみましょう。

京都でのキッチンリフォーム 湿気対策や換気はどうするべき?

調理中に煙や臭いが大量に発生するので、換気システムは必須。設置可能なら、自然光の採光、換気の手助けとなる小窓があると便利です。給気口と排気口の位置は事前に確認しておきましょう。勝手口を設置すれば、通風口としても利用できますし、美しい京都の町や京都の自然を眺望することができます。

困ったときは、お客様サポート

「リフォームについてもっと知りたい!」、「こんなこともできるの?」など、
ご不明なことがあれば、お電話・メールにてお問合せ下さい!

電話で問合せ06-6376-4140 受付時間 平日9:00~18:00

WEBでお問い合わせ24時間受付中!