京都リフォームコラム
リフォーム視点でみる設備機器の選び方

リフォーム京都 HOME > 京都リフォームコラム >リフォーム視点でみる設備機器の選び方

京都リフォームリフォーム視点でみる設備機器の選び方

キッチンや浴槽のサイズは慎重に決める

キッチンや浴槽など設備機器をリフォームで交換する場合は、打ち合わせのときに担当者にサイズや位置、スタイルの希望を伝えましょう。

そして、キッチンの場合はリフォームに取り掛かる前に、設備のサイズやスタイル(対面型など)を決めておく必要があります。なぜなら、間取りに影響するからです。システムキッチンの間ロサイズはおよそ15㎝刻みで選べますが、具体的な位置やサイズについては担当者と相談しながら決めるのがベター。天板・扉の素材を何にするか、水栓のタイプ、食器洗い乾燥機などの機器については、間取りの決定後に確定しても大丈夫ですが、費用を左右するので工事開始までには決めましょう。とくに扉材のグレードはリフォーム料金に大きく影響します。

「自分好みにとことんこだわりたい」という場合は、システムキッチンではなく、造作工事によりオーダーでキッチンを作る方法もあります。この方法なら既製品よりもきめ細かくサイズや素材が選べますが、京都のリフォーム会社ごとにできる範囲が変わってくるのでよく調べてください。

浴槽も、サイズの変更を考えているなら最初に決めましょう。システムバスには規格がありますが、特注でサイズを決めることもできます。造作の変更なども可能で、規格が合っていれば壁を板張りにしたり、床をタイル張りにするなど、素材も選べます。

洗面化粧台は、洗面室の広さを考えながらサイズを決めましょう。既製品はサイズが規格化されており、幅60㎝ぐらいのものから選べます。洗面ボウルは好みのものに変更したり、カウンターのデザインを工夫して造作することもできます。

設備選びのタイミングはいつ?

1、リフォームプランの打ち合わせ
キッチンなどの設備の要望をまず伝える。細部まで決めなくても、イメージを伝えながらサイズなどを間取りに反映してもらう。
2、リフォームプラン・見積もりの確定 ※設備選びのタイミングはここ!
このときまでに素材のグレードやオプションの有無などについて決めておく。検討中のものは、いつまで待ってもらえるかを確認する。
3、工事のスタート
リビング、ダイニングのほうを向いて料理できるスタイル。家族と会話しながら料理ができる。
対面型(アイランド型)
内容をよく確認してから工事スタート。工事開始後の変更は極力避ける。

キッチンとバスの主なサイズを確認

システムキッチンの間ロサイズ例

規格サイズを元にサイズ調整ができる。高さの規格サイズは80cm、85cm、90cmなどがあり、微調整も可能。

システムバスのサイズ例

[160×120cm]→ 0.75坪タイプ
[160×160cm]→ 1坪タイプ
[160×200cm]→ 1.25坪タイプ
この3種類が主で、マンションでは0.75坪タイプが多い。スペースにゆとりがあれば特注も可能。

室内建具は、予算・内装に合わせてデザインや素材を選んで

室内建具の開き方は3種類。もっとも多いのが「開き戸」で、一般的なドアです。洋室の出入り口の多くはこのタイプを採用します。次に多いのが、和室で使われることが多い「引き戸」。3つ目は「折れ戸」。クローゼットや浴室の出入り口などに用いられます。

開き戸を付けるときには、内開きか外開きかをよく考えましょう。近いドア同士がぶつかることのないようにする必要があります。また。トイレのドアは、中で人が倒れたりしたときに開けられなくなるので内開きは避けた方がよいでしょう。

引き戸は、洋室に用いるケースも増えてきました。開き戸より開け閉めが楽なので高齢者向きともいえます。また、開けたままキープできるので換気の面からも好都合です。さらに、子ども部屋の場合は、少し開けて中の様子がわかるようにできるため、安心感があります。3枚引き戸というものもあり、こちらはバリアフリー浴室などに向いています。

折れ戸は全開できることが利点です。風を通したい場所や、頻繁に開け閉めするクローゼットなどにおすすめです。

開閉方式を決めたら、予算に合わせてデザインや素材を選びましょう。素材は、合板や繊維板の上に化粧シート(木目や色を印刷したシート)や突き板(薄くスライスした天然木)を貼ったもの、むく材や集成材に塗装したもの、シナベニヤを使ったものなど、さまざまなものがあります。また、四隅に枠が付いた「框(かまち)」や、ガラス入りなどデザインもさまざまです。予算と用途に合わせて選びましょう。既製品ではなく、好みに合わせて造作してもらうこともできます。

困ったときは、お客様サポート

「リフォームについてもっと知りたい!」、「こんなこともできるの?」など、
ご不明なことがあれば、お電話・メールにてお問合せ下さい!

電話で問合せ06-6376-4140 受付時間 平日9:00~18:00

WEBでお問い合わせ24時間受付中!