京都リフォームコラム
家の中から断熱リフォーム

リフォーム京都 HOME > 京都リフォームコラム > 家の中から断熱リフォーム

京都リフォーム家の中から断熱リフォーム

断熱性を高めて光熱費を節約する

京都の古い木造住宅は、冬の寒さが心身にこたえます。建てるときに断熱工事を行っていないか、工事が現在の基準を満たしていないからです。それを解消するには、断熱性を上げ、外気の影響を受けにくくする必要があります。
※住宅の省エネ基準ができたのは1980年。その後1999年に改正され、現在の基準となりました。1999年以降の基準で建てられたかどうかが、住宅の断熱性能の目安となります。

住宅の断熱性を確保するためには、外気に触れる床や壁、天井(屋根)に断熱材を隙間なく入れることとが欠かせません。また、窓や玄関ドアなどの開口部を断熱仕様にするのも効果的です。こうすると、冬は外の冷気が入りにくく、夏は外の熱気が入りにくくなります。この結果、暖房・冷房の効率がよくなり、省エネ・節約につながります。

断熱性を高めると、部屋も廊下も温度がさほど変わらなくなります。そのため、暖かい部屋から寒い廊下やお風呂に移動したときの温度差による「ヒートショック」という健康被害を回避することができます。

断熱工事は、床下や天井ならもぐり込んで作業ができますが、壁の場合は内壁をはがして断熱材を取り付けてから再仕上げをすることになります。また、一部屋だけを断熱工事してもあまり効果が得られないことも。そのため、大規模リフォームをするときに断熱工事も同時に行うことをおすすめします。

住宅の断熱性の高め方

断熱を行う箇所
床や壁、天井など外気に接する部分を断熱します。小屋裏をロフトとして活用する場合などは、屋根も断熱します。このとき、隙間なく断熱材を入れなければ効果が激減します。
断熱の方法
断熱工事には、グラスウールなどの断熱材を取り付ける方法や、ウレタンなどの発泡系の断熱材を吹き付ける方法などがあります。また、玄関や勝手口などの開口部も断熱仕様にします。

サッシ交換や内窓設置で断熱性をアップ

窓などの開口部は、住宅の断熱性能を上げるために重要なポイント。ガラスは複層のものに、サッシは断熱タイプのものにすることで断熱性が向上します。また、複層ガラスにはさらに高性能のLow-E複層ガラスがあり、さらに高断熱タイプと遮熱タイプがあります。

一般のアルミサッシは断熱性が低いので、断熱サッシに交換するといいでしょう。断熱サッシには、内部に樹脂片を挟んで熱を伝わりにくくしたもの、外側はアルミで内側が樹脂のものなどがあります。オール樹脂製、木製のものは断熱性抜群ですがコストも上がります。サッシとガラスの組み合わせ次第で、熱が半分ぐらいしか逃げないようにすることができます。また、複層ガラスや断熱サッシは結露も防止しますが、サッシ交換は外壁を一部切り取る大がかりな工事となります。

窓を断熱するためには、樹脂サッシを使った「内窓」を設置する方法もあります。既存の窓の内側にサッシを1枚増設するだけですが、サッシと内窓の間に空気層ができて断熱性が上がり、結露も防げます。 内窓には、複層ガラスとLow-E複層ガラスタイプがあります。断熱性にはレベルがあるので、居住地の気温とコストを考えて選びましょう。

窓の断熱性が高まる複層ガラス

複層ガラスには、一般的なタイプと、「特殊金属膜」を間に挟んだLow-Eタイプ(高断熱タイプと遮熱タイプがある)があります。Low-E複層ガラスは、熱の伝わりやすさを表す「熱貫流率」が最も低く断熱性に優れています。 ※高断熱複層ガラスは室内側に特殊金属膜が入っており、遮熱複層ガラスは室外側に特殊金属膜が入っています。

困ったときは、お客様サポート

「リフォームについてもっと知りたい!」、「こんなこともできるの?」など、
ご不明なことがあれば、お電話・メールにてお問合せ下さい!

電話で問合せ06-6376-4140 受付時間 平日9:00~18:00

WEBでお問い合わせ24時間受付中!