京都リフォームコラム
リフォームで家もヒトも健康に 生活の質を上げ、健康になる住まい

リフォーム京都 HOME > 京都リフォームコラム > リフォームで家もヒトも健康に 生活の質を上げ、健康になる住まい

京都リフォームリフォームで家もヒトも健康に 生活の質を上げ、健康になる住まい

私たちが生きていく上で、健康であることはとても大切なことです。家は暮らしの基盤になる場所。だからこそ、健やかに暮らせる空間づくりが重要です。家の環境が悪いために、体調を崩したり、怪我をしたりしては本末転倒です。リフォームで生活の質を上げながら、健康的に過ごせる家を目指しませんか。京都は日本家屋が他の地域に比べ、多いことで知られています。もちろん現代的な家屋も多数ありますが、ここは京都らしいノウハウをご提供したいところです。

不健康な住宅とは?京都リフォーム

空気が循環せずに熱がこもる暑苦しい家、反対に必要以上に風通しが良くて肌寒い家、透湿性が悪くカビや結露が頻繁に起こる家などは、不快に感じると思います。日本は場所柄、高温多湿なため、カビや結露を発生させやすいのです。伝統的に京都は日本家屋のテイストを重んじる風土がありますが、戦後期の物資不足の時代に作られた、家屋はその良さが反映されていない場合も…。

京都もシックハウスからは逃れることはできない

さらに近年で増加している、高気密・高断熱の住宅では換気不足が原因のシックハウス症候群も目立ち始めました。つまり個々の工夫、対処ではなく、全てを合わせたトータルなプランニングをしないと、どんな家でも不健康な住宅になる可能性があるのです。もちろんこれは京都でも同じこと。

京都らしく自然の空調を活かした健康的な生活

しかし、光・風・熱が全てうまくコントロール出来れば、それはとても快適な住宅になります。ただ単に通風だけ、採光だけを考えるのではなく、室内にできる空気の層、光の層をどのように作るのかをしっかりイメージされている家はとても健康的だと考えられます。例えば、南側の暖かい空気が、そのまま北側まで流れるような造りにリフォームする、昼夜に生まれる温度差を解消するために断熱サッシ、二重サッシを付けるなども良いと思います。京都は寒暖の差が近畿の中でも群をぬいて激しい地域。この気温差をうまく活かしたいものです。

健康住宅は自然の力で人の知恵で育まれる

健康な住宅とは、一般的には自然素材を活用して温熱環境をコントロール出来ている快適な住宅だといわれています。ですが、人間が健康だというのは、生活が健康だけかどうかだけではなく、体、心が健康かどうかにかかっていると思います。生活ともかかわりあいますが、全てがきれいに重なっていればこの上なく素晴らしい健康な住宅ですよね。

家を作るのは人ですが、同じように家も人を作ります。健康になる住まいを作るということは、そこに住む人の健康、人格を作り出すのにも非常に深くかかわります。

健康的な住宅と不健康な住宅の違い京都リフォーム

健康的な住宅(京都リフォーム)

  • ・気密性、断熱性、通風換気性が高く、それぞれのバランスが優れている。
  • ・室内の湿度の分布が一定。
  • ・構造の耐久性があり、耐震性が高い。
  • ・内装、設備の維持管理が簡単。
  • ・使い勝手に優れ、動線が良い。
  • ・家にプラスアルファの空間がある。

結果、体や精神の安心感、空間の安心感を生み出す条件に。

不健康な住宅(京都リフォーム)

  • ・通風換気性が悪く、夏は暑さがこもり、冬は冷たい風が吹く。
  • ・ライフスタイルの変化に対応できない。
  • ・室内に段差や狭くなっているところなど、危険な部分が多い。
  • ・ランニングコストがかかる。
  • ・各部屋の温度差が大きい。
  • ・動線・使い勝手が悪い。
  • ・定められた基準をギリギリで通過した構造。

結果、生活をしていても落ち着かず、体や精神的に安心できない空間。

日々安心して快適に暮らすためには、不健康な住宅の要素を取り除き、健康的な住宅へ変えていくことがポイントになります。リフォームを行う場合は、老朽化対策だけでなく住み心地の良さも重視したいですね。

困ったときは、お客様サポート

「リフォームについてもっと知りたい!」、「こんなこともできるの?」など、
ご不明なことがあれば、お電話・メールにてお問合せ下さい!

電話で問合せ06-6376-4140 受付時間 平日9:00~18:00

WEBでお問い合わせ24時間受付中!