京都リフォームコラム
京都リフォーム 「リフォームする目的を明確に」

リフォーム京都 HOME > 京都リフォームコラム > 京都リフォーム 「リフォームする目的を明確に」

京都リフォーム京都リフォーム 「リフォームする目的を明確に」

「古くなった住まいを、なんとか住みやすくしたい」と思ったら、リフォームか建て替えのいずれかになります。どこを修繕したいか、何に困っているかを明確にすることはもちろん、予算のことも考えながらどちらにするか決めましょう。特に京都は古い家が多く、戦前・戦後期に作られてた、長屋形式の家も多数見受けられます。

京都らしく伝統と使い勝手を両立したリフォーム

例えば「設備機器を新しくする」「ライフスタイルの変化に合わせて使いやすくする」といったリフォームなら、改修工事がおすすめです。しかし、建物の骨組みや基礎に問題があれば、まずはその部分を直す必要があります。古き良き伝統の薫、京都。せっかくであれば、景観や隣家との調和も図りたいところですね。

賢いリフォームはメリハリが大事 (京都リフォーム)

建て替えになるとかなりの金額が必要になるので「なるべく低予算で」と考えている方はリフォームで必要な箇所だけきれいにしてはいかがでしょうか。今回は、リフォームをする前にチェックしておきたいポイントをお伝えします。

施工前のチェックポイント京都リフォーム

リフォームをする前に見ておくべきポイントは、建物の基礎、基本となる構造部分についてです。特に洛中にお住まいの方々は、古い家にお住いの方も多いため、構造や強度の在り方を十分に把握しておきたいものです。

  • ・基礎補強
  • ・基礎十土台緊結
  • ・栓引き抜きの防止
  • ・架構を新設
  • ・耐力壁を補強

これらの項目を確認する前にリフォームをすると、費用が無駄になる可能性もありますので、気を付けましょう。
※京都は古式建築も多く見受けられます。家の構造や骨格に関しては、十分な調査が必要です。

設計担当者とのコミュニケーション京都リフォーム

昭和の時代はちゃぶ台で畳に座って食事が定番でしたが、今は椅子に座ってダイニングテーブルで食事をするスタイルに変わってきました。暮らしが変われば、建物にも手を加えながら長持ちさせることが必要です。それは、千年の都「京都」でも同じはず。

現在の住宅の平均寿命は、およそ26年程度と言われています。限りある資源を有効活用するために、空き家を活用するといったことも、近年ようやく意識されるようになってきましたね。リフォームを考える場合「設備が古くなった」「家族構成が変わった」「安全面を考慮する必要が出た」など、家庭ごとにさまざまな要因があります。そのため、リフォームを成功させるためには、優先順位を決めて、設計者と密にコミュニケーションをとることが大切です。

住宅を変化させる主な要因京都リフォーム

リフォームを検討する要因は、大きく分けて「物理的なもの」「人的なもの」の二つに分かれます。
ただし「家族が減ったため、家が広すぎるように感じる」というように二つの要因が同時に絡むこともあり得るでしょう。

他の地域と異なり、京都の住宅街は人の移転が少ないというデータもあります。つまり「家」を大事にし、「家」を受け継いでいくとい方々が多いということ。どうせリフォーム・リノベーションを行うのなら、他の地域都は違った、京都らしい伝統とセンスを重んじるリフォーム・リノベーションを考えたいですね。

人的な要因

家族の変化
成長。老化や病気・事故などで介護が必要になったなど。
家族の増減
子どもが生まれた。結婚で家を出たなど。

このように、物理的・人的なことで、住み心地は変化するものです。なぜ今リフォームが必要なのか、しっかりと自分自身で理解してから担当者との打合せに入ると、意図も汲んでもらえるのでスムーズです。

困ったときは、お客様サポート

「リフォームについてもっと知りたい!」、「こんなこともできるの?」など、
ご不明なことがあれば、お電話・メールにてお問合せ下さい!

電話で問合せ06-6376-4140 受付時間 平日9:00~18:00

WEBでお問い合わせ24時間受付中!