京都リフォームコラム
防犯リフォーム

リフォーム京都 HOME > 京都リフォームコラム > 防犯リフォーム

京都リフォーム防犯リフォーム

京都の一戸建ての住宅の場合、セキュリティや防犯面が気になる方も多いのではないでしょうか。
被害にあわないようにするには、できる限りの対策をすることが大切です。そのためには、家のリフォームで防犯面を強化することもひとつの手。
わが家の防犯はしっかりできているか心配…という場合は、弱点をリフォームして被害にあいにくい家を目指しましょう。

空き巣の犯行の7割は、2~5分かかれば諦める京都リフォーム

一戸建ての場合、空き巣が入り込む手段で最も多いのは「ガラス破り」と言われており、割合では5割を超えるとされています。
これは京都のマンションでも無施錠に次いで2番目に多いとされ、防犯においてしっかりと対策しておきたいのは「窓」となります。

窓の防犯でとても役立つのが、防犯合わせガラスです。
2枚のガラスを重ね合わせたものですが、ガラスの間に破れにくい頑丈な特殊フィルムが挟まれています。
バールなどで強くたたいても、割れて内部に入れるまでにかなりの時間を要します。

空き巣は、侵入におよそ2分から5分程度かかると諦めるといわれており、特殊フィルムが入っている防犯合わせガラスだと諦める確率が極めて高いということです。

ガラスを変える以外では、既存のサッシの内側に内窓を設け、二重窓にするという対策もあります。
内窓を設けるのはマンションでも簡単にでき、断熱性が高まるので防犯以外にも役立つかもしれません。

さらに、サッシにロック付きのクレセント錠、補助カギを付けるとか、こじ開けるのが難しい雨戸シャッター、面格子を付けることもできます。

まとめますと、

防犯合わせガラス、合わせ複層ガラス
ガラスの間に特殊なフィルムを挟んだもので、合わせガラスにさらにもう一枚空気層と、板ガラスを加えたもの。
雨戸シャッター
雨戸シャッターを取り付けて、夜間、留守中はカギをかけておく。
クレセント錠と補助錠
サッシにロックのついたクレセント錠を付けて、さらに補助錠を付けるとより頑丈になります。
面格子
浴室など、水回りの窓には、外されにくくて頑丈な面格子を付けましょう。

などが挙げられます。

もちろん、玄関、勝手口のドアもきちんと防犯対策をしておいてください。
玄関、勝手口のドアのロックは2つ以上かけるのが鉄則です。
ですが、最近の玄関ドアなどはもともとが防犯性の高いものが増えているため、ドアごと交換するリフォームも有効だと思います。
防犯性能が特に優れているガラス、ドアなどの建物部品にはCPマークというものが与えられているものもありますので、選ぶ基準にするのもおすすめです。

また、普通のインターホンではなく、カメラで訪問者を確認できるテレビドアホンに交換するのも手です。
中には留守中に録画をしておき、帰ってきてから訪問者が確認できるというものもあります。
庭があればセンサーライトをつけるのも良いですね。

困ったときは、お客様サポート

「リフォームについてもっと知りたい!」、「こんなこともできるの?」など、
ご不明なことがあれば、お電話・メールにてお問合せ下さい!

電話で問合せ06-6376-4140 受付時間 平日9:00~18:00

WEBでお問い合わせ24時間受付中!