京都リフォームコラム
防水リフォーム

リフォーム京都 HOME > 京都リフォームコラム > 防水リフォーム

京都リフォーム防水リフォーム

京都の家を長持ちさせるために大切なことが「防水」です。
防水ができていないと木材や鉄骨が腐食するため、そのまま放置すると家の安全性にも及んでしまいます。
京都で長く安心して暮らすためにも、防水はしっかり行うことが大切です。
長年住んでいる京都の家で、防水に関するリフォームをまったく行っていない場合は、一度検討してみませんか。

防水シートの腐食は構造の腐食を進めてしまう京都リフォーム

マンションの場合はおよそ10年から15年程度のスパンで、大規模な修繕を行います。
例えば外壁の補修工事、屋上の防水工事などがありますが、一戸建ての場合、それらは自分で費用を払い、対応する必要があります。

対応しなければ徐々に防水性が失われ、家を構造する木材、鉄骨などの腐食、さびが進んでしまいます。
定期的に家を点検し、対策をすることで、京都の家を長持ちさせられます。

特に、雨、風から京都の家を守るのは、屋根と外壁です。屋根、壁の防水リフォームには、防水シートが欠かせません。
下地材の上に、瓦、スレート、モルタル、サイディングといった様々な屋根材、外壁材を施工していきますが、たんに貼り付けただけでは簡単に水が染み込みますので、屋根材や外壁材の間に必ず防水シートを張らなければなりません。
屋根材の場合はアスファルトを染み込ませた、アスファルトルーフィングという防水シートを使用します。
外壁には雨水の侵入を防ぐものの、透湿性に優れたシートを張り付けて、湿気が内部にたまらないようにします。

当たり前ですが、屋根材の割れ、ずれ、外壁の亀裂、シーリングの傷、劣化は、中の防水シートを傷める大きな原因となり、簡単にボロボロにしてしまいます。
特にサッシの部分は亀裂が入りやすいのでこまめに確認することが重要です。
防水シートだけなら部分的な補修もできますが、築年数が経過している住宅の場合だと屋根材、もしくは壁材をすべてはがし、きちんとした防水工事を再びやり直すのがおすすめです。

もし水が内部に染み込み、柱などが腐食している場合は、その腐食した部分を交換します。
例えば雨水にさらされやすいバルコニー部分ならFRPという樹脂の材料で防水工事をしていきます。

各素材の補修について京都リフォーム

モルタルの割れの補修
目地、隙間を埋めて密封し、亀裂などにシーリング材を打って完全にふさぎます。
サイディングのシーリングの補修
点検をし、劣化の状況に応じて補修、交換をしていきます。
劣化したシーリング材をはがし、新たにシーリング材を打って埋めていきます。

ほかにもさまざまな部分で雨水の影響を受けますので、家の防水は京都での快適な生活を送るためには絶対に欠かせません。
信頼できる京都の工務店、リフォーム業者、建築家の方にしっかりと点検をしてもらい、現在の状況にもっとも適したリフォームを提案してもらうのがおすすめです。

困ったときは、お客様サポート

「リフォームについてもっと知りたい!」、「こんなこともできるの?」など、
ご不明なことがあれば、お電話・メールにてお問合せ下さい!

電話で問合せ06-6376-4140 受付時間 平日9:00~18:00

WEBでお問い合わせ24時間受付中!