京都リフォームコラム
屋根のリフォームと材料の選び方

リフォーム京都 HOME > 京都リフォームコラム > 屋根のリフォームと材料の選び方

京都リフォーム屋根のリフォームと材料の選び方

屋根のリフォームを行う場合は、どのような屋根にするかを考える必要があります。
京都や家に合った屋根にすることはもちろんですが、デザインだけでなく機能・メンテナンスも考慮して選びたいですね。
今回は屋根のリフォームについて、材料の選び方や費用、メンテナンスについて紹介します。

主な屋根材と特徴京都リフォーム

化粧ストレート (京都リフォーム)

厚さがおよそ5ミリほどのフラットな屋根材で、現在とても多くみられる材質です。
セメントに様々な繊維を混ぜて、多様な特性を出せます。
すべて工場での塗装で、一昔前よりも塗装の持ちが格段に良くなっているのが特徴です。
点検は5年、6年程度おきに行い、塗り直しは10年が目安です。
中には20年や30年もの色褪せずに済む製品もあります。
ひび割れが多くなったら、塗装ではなくふき替えを検討しましょう。

粘土瓦 (京都リフォーム)

粘土を整形して焼いて作るという、昔ながらの瓦のことです。
うわぐすりを使って色を付けたものを「登記瓦」、焼いてからいぶすことで光沢を出したものを「いぶし瓦」と呼びます。
瓦は色褪せることがありませんが、位置がずれたり、割れることがあります。
10年おきぐらいで点検をして、必要に応じて補修をしましょう。
ふき替えはおよそ30年から40年経過で検討します。

セメント瓦 (京都リフォーム)

セメントと砂を用いて整形し、乾燥させた瓦を「セメント瓦」と呼びます。
セメントの量によってはコンクリート瓦と呼ばれるものもあります。
塗装する必要があるため、粘土瓦と違って経年によって色が褪せてしまいます。
化粧ストレートなどと同じく、5、6年程度で点検をして、10年経過で塗装しなおす必要があります。
20年経過でふき替えを検討します。

ガルバリウム銅板 (京都リフォーム)

鉄板の表面に、アルミと亜鉛を用いて溶融メッキ加工したものです。
耐久性に非常に優れ、サビにとっても強いのが特徴的です。
ステンレスのものもあります。
5,6年ごとにサビと色褪せがないかを点検して、サビが出る前に塗りなおすようにしましょう。
施工から10年はメーカー保証がついているのも魅力です。

以上が、現在主流の屋根材になっています。

家に合った屋根選びを京都リフォーム

化粧ストレート (京都リフォーム)

昔ながらの京都住宅は和瓦(粘土瓦)を主に用います。
和瓦は塗装の必要がなく、耐久性が非常に優れているため、ふき替えは瓦の下地の劣化が進んだ時に行うのがおすすめです。
また、瓦は他の素材と比べてとても重いため、屋根にかかる負担を和らげたいというときには、瓦以外の他の屋根材へのふき替えをしましょう。
中にはセメントが原料になっているセメント瓦もありますが、セメント瓦は塗装製品なため、和瓦にはない塗り替えが必要になります。

昔ながらの京都住宅ではなく、洋風の外観をしている現代の京都の住宅で用いられているのが、化粧ストレート(スレート)という材質です。
化粧ストレートは経年劣化で色があせるため、塗装の必要があります。
つまり、定期的に塗り替えなどのリフォームが必要になるので、同時にひび割れやずんズレの補修、交換も検討するのがおすすめです。
また、ストレートはフラットな形状でとても軽いため、現在あるスレート材を残して新たに乗せる、重ねぶきも有効なリフォームになります。
ちなみに、最新の製品ほど色が長持ちして、耐久性が高くなっていますよ。

そして、ガルバリウム鋼板は金属の屋根材で、近年特に人気が高まっている素材です。
金属材といってもなかなかの軽量、安価で、シンプルでモダンな京都の外観にマッチします。
しかし、色褪せと、金属製品なためサビが出るので定期的な点検、塗り替えが必要になります。

塗り替えが必要になる屋根材は、それぞれ適した塗料と塗り方が大きく変わりますので、依頼する京都リフォーム会社と十分に相談しましょう。

屋根を生まれ変わらせるための3つの方法京都リフォーム

その1 塗り替える (京都リフォーム)

屋根の洗浄をして、さび止めなどを新たに施してから新品の塗料を塗るという塗り替えは、既存の屋根材がきれいで下地の劣化もそれほど進んでいないときに行える方法です。
屋根材は既存のままで廃材が出ず、安価に済む上に寿命を延ばすことにもつながるので非常に重要です。
費用は、延べ床面積1 20 ㎡程の住宅で50万円から出来るかと思われます。

その2 重ね葺き (京都リフォーム)

平らな形状の屋根材の上に、新たに軽量な屋根材を重ねるという施工です。 現在の屋根材は劣化がみられるが、下地が劣化していないというときに最適です。

屋根材の間に防水シート(アスラフロルーフィング)を張り、防水性を高めます。
費用は、延べ床面積120㎡程の住宅で80万円から出来るかと思われます。

その3 葺き替え (京都リフォーム)

屋根材、下地、ともに劣化が非常に進んでいる場合や、屋根を軽くしたいというときには、すべてふき替えるという方法があります。
どんな屋根材も選べますが、費用が延べ床面積1 20㎡程の住宅で100万円を超えることが多いので、注意してください。

廃材を出さない方法、下地から変更することも可能京都リフォーム

屋根のリフォームは、屋根材の色褪せ、ひび割れなどが見られたら行います。
屋根のリフォームにおいて最も手軽で、早いうちにすべきことが塗り替えです。

屋根は毎日必ず日光を直接浴びるため、化粧ストレート、ガルバリウム鋼板などを使用していたら色あせしやすいのです。
しかし、セメント瓦、粘土瓦は塗装製品ではないため色あせすることはありません。

屋根材を変えるときは、重ね葺きと葺き替えの二つの方法をとります。

重ね葺きとは既存の屋根の上に新しい屋根材をそのままかぶせるというもので、廃材が出ないため撤去処分費が発生しませんが、屋根材が必要になるため材料費がかかるのと、屋根の重量が増えるため、使用できる屋根材が限られるのがデメリットになります。

葺き替えは既存の屋根材を完全に撤去し、別の屋根材を新たに葺き替えるというものです。
屋根の下地から取り替えますので、費用が最も高くなりますが、その分選べる屋根材の自由度がとても高いのが特徴です。

塗り替え、重ね葺きは既存の屋根材をそのまま残すため、屋根材の木、もしくは合板の劣化が著しい時、つまり中身の腐食が進んでいるときには不向きです。
葺き替えは築年数がかなり経っているとき、耐震のことで屋根を軽くしたいというときに向いている方法です。
必要に応じて最適なものを選びましょう。

困ったときは、お客様サポート

「リフォームについてもっと知りたい!」、「こんなこともできるの?」など、
ご不明なことがあれば、お電話・メールにてお問合せ下さい!

電話で問合せ06-6376-4140 受付時間 平日9:00~18:00

WEBでお問い合わせ24時間受付中!