京都リフォームコラム
リフォーム後のメンテナンスについて

リフォーム京都 HOME > 京都リフォームコラム > リフォーム後のメンテナンスについて

京都リフォームリフォーム後のメンテナンスについて

京都でリフォームを行えば、その後は何もしなくて良いと思っていませんか?
家を長持ちさせるためには、メンテナンスも大切です。今回は京都リフォーム後のメンテナンスについてご紹介します。
どの程度の周期でメンテナンスを行えばよいか、把握しておきましょう。

設計図を見る時のポイントは?京都リフォーム

家のメンテナンス、補修時期は、だいたい以下のようになっています。

屋根 (京都リフォーム)

化粧スレートの場合
部分補修 5~6年ごと
塗り替の検討 7~10年程度
葺き替えの検討 15~20年程度
瓦の場合
部分補修 5~6年ごと
葺き替えの検討 20~30年程度

外壁 (京都リフォーム)

モルタル地下吹き付け
補修、塗り直し 7~10年ごと

サイディング (京都リフォーム)

補修 5~7年ごと
塗り替え検討 10~15年程度

内装 (京都リフォーム)

フローリング床
張り替えの検討 15~20年程度
カーペット床
張り替えの検討5~10年程度
壁・天丼、ビニールクロスの場合
張り替え検討 約10年程度

となっています。

定期的なメンテナンスが家を長持ちさせる京都リフォーム

家は一定の周期でどこかのメンテナンスが絶対に必要になります。
基本的に、5年を過ぎるとほとんどの部分がメンテナンスの対象となります。
メンテナンスをしなければ見た目が汚くなるだけではなく、家の寿命、耐久性が無くなり、非常に危険な状態になります。
早いうちに対応することで、寿命を延ばし、京都の家を長持ちさせられるのです。

たとえば、外壁にひびが入った時に塗装をしなおせば、雨などの水分が家の内部に入り込むのを防ぎ、腐るのを食い止めることができます。
屋根なども同様です。

瓦、タイルといった耐久性に特に優れている素材を除けば、およそ10年から15年、20年程度が塗り替え、ふき替えのタイミングとなります。

内装ではビニールクロス、フローリングも10年程度で劣化が目立つようになり、設備機器は15年程度で取り換えるのが望ましいとされています。

リフォームに最適なタイミングは?京都リフォーム

京都のさまざまなアンケート調査では設備機器の老朽化がリフォームのきっかけとなったという方がとても多く見られます。
設備機器は故障や不具合が多いというわけではなく「多機能で便利な最新のものにしたい」という思いがリフォームのきっかけになるとも考えられています。

内外装の全面的な補修、機器の老朽化など、大きなメンテナンスの際に、住まい全体をリフォームするという選択は大いに有効です。

また、高齢になるにつれ「廊下・浴室の段差が気になり、バリアフリーにしたい」という気持ちも、リフォームの大きなきっかけになります。
京都でのメンテナンスの時期と、暮らしていく中で不便に感じることが多くなったときが、リフォーム検討する良い時期かと思いますよ。

困ったときは、お客様サポート

「リフォームについてもっと知りたい!」、「こんなこともできるの?」など、
ご不明なことがあれば、お電話・メールにてお問合せ下さい!

電話で問合せ06-6376-4140 受付時間 平日9:00~18:00

WEBでお問い合わせ24時間受付中!