京都リフォームコラム
リフォーム費用を少しでも安くする「秘策」教えます

リフォーム京都 HOME > 京都リフォームコラム >リフォーム費用を少しでも安くする「秘策」教えます

京都リフォーム京都でリフォームするなら知っておきたいこととは?

京都でリフォームするなら知っておきたいこととは?

リフォームの費用は自分たちで用意するのが原則ですが、リフォームした場合、税金の控除を受けることができる制度や補助金が支払われる制度などが京都市にも存在します。

上手く使えばリフォーム代金を実質安くすることになりますので、利用できるものは利用するようにしましょう。

京都リフォーム補助金を活用し先を見据えた京都暮らしを考える

補助金を活用し先を見据えた京都暮らしを考える

リフォームに関する補助金で一番有名なのは耐震補強のものです。地震に備えるため多くの自治体が耐震診断と耐震補強をする場合に補助金を出す制度を設けています。

対象は1981年(昭和56年)以前の耐震基準に基づき建設された物件であり、支払われる補助金の額は自治体によって異なっていますので、自治体のサイトで確認したり、電話で聞いてみたりするといいでしょう。

また高齢者などの介護を目的としてリフォームする場合も一定の限度で補助金の支給を受けることが可能です。こちらは内容が決まっていますので、事前にケアマネージャーなどに相談するようにしてください。

中古物件を購入してリフォームする場合や、家全体をリフォームするような場合、ローンの借入額も莫大になりますけど、そんな時に利用したいのが「住宅ローン減税」です。内容は、住宅ローンの年末の残高の1%分が所得税から控除され、また所得税から控除しきれない場合は住民税からも一部控除される仕組みになっています。ちなみに控除とは差し引くという意味で、控除される分税金が安くなるのです。

消費税率がアップするのに合わせて控除の限度額もアップされています。
返済期間が10年以上の住宅ローンの場合、この住宅ローン減税の対象となります。

一方ローンの返済期間が5年以上でリフォーム費用とするために借りた場合に利用できるのがリフォームのローン型減税です。こちらはリフォーム以外の費用も含めた借入額から5年間最大で62万5000円控除されます。対象は省エネとバリアフリー目的のリフォームですのでご注意ください。
あと現金でリフォーム費用をすべて賄った場合は、投資型減税の対象になります。限度額を上限として所得税から控除されます。

京都でのリフォームでも利用できる補助金の制度は?

京都住まいの両親や自分たちの事を考えた介護目的でのリフォーム
一定の介護目的でリフォームする場合は、介護保険から工事費の9割まで補助金が支給される場合があります。ただし工事費用の限度が20万円、補助金の支給限度が18万円ですのでその点はご注意ください。
耐震診断・耐震補強をする場合
京都でも自治体の多くで耐震診断や耐震補強をする場合に補助金を支給する制度を設けています。具体的な条件や支給額は各自治体のサイトを閲覧するか、実際に尋ねてみましょう。
リフォームで省エネ設備を設ける場合
自治体によっては太陽光発電や家庭用燃料、そしてヒートポンプ給湯器などを設置すると補助金が支給される場合があります。省エネリフォームは自分たちだけでなく、自然を大切にしている京都にとってもメリットが多いので、事前事後にチェックしてみましょう。

京都でのリフォーム前に知ってると得する利用できる税金優遇制度

京都でのリフォーム前に知ってると得する利用できる税金優遇制度

・ローンの借入が高くなる場合に有利な住宅ローン減税
・省エネやバリアフリー化のリフォームの場合に利用できるローン型減税
・省エネ、バリアフリーに加えて耐震目的のリフォームをする場合に利用できる投資型減税

知ってると得する情報でより京都暮らしを満喫しよう

リフォームをするなら全額負担しなくてはいけない。というイメージが強いので、実は京都でも利用できる補助金がこんなにもあったという事に驚いているのではないでしょうか?場合やリフォーム内容によっては自治体によって様々なので、積極的に専門家へ相談する事をオススメ致します。

困ったときは、お客様サポート

「リフォームについてもっと知りたい!」、「こんなこともできるの?」など、
ご不明なことがあれば、お電話・メールにてお問合せ下さい!

電話で問合せ06-6376-4140 受付時間 平日9:00~18:00

WEBでお問い合わせ24時間受付中!