京都リフォームコラム
リフォーム費用の支払い時期について

リフォーム京都 HOME > 京都リフォームコラム >リフォーム費用の支払い時期について

京都リフォームリフォーム費用の支払い時期について

リフォーム費用の支払い時期について

京都の方々に、リフォーム・リノベーションを“賢く”すすめるための情報を、わかりやすくお伝えるする、京都リフォーム。

今回は、「リフォームの支払い期限について」のご紹介です。

物事の見極めに厳しい京都の方だからこそ“支払い期限”は厳密に

物事の見極めに厳しい京都の方だからこそ“支払い期限”は厳密に

リフォームの支払いについてですが、全額を一度にまとめて支払うことはほとんどありません。

どんなに小さいリフォーム工事であっても持ち逃げのリスクを避けるために、工事着工前に半額を支払い、工事完成を見届けた上で残額を支払うのが通常です。

歴史的なこともあり、京都は地場の中小工務店が多い土地柄。これが大規模なリフォーム工事になると、契約時、工事着工時、そして工事の竣工時の3段階で支払うことが多くなります。

さらに契約によってはリフォームが半分終了した時点でも支払うことがありますので、契約内容はしっかりと把握するようにしましょう。

京都という括りとは関係なくリフォームの前金は必要かも?

京都という括りとは関係なくリフォームの前金は必要かも?

工事の着工時と工事途中での支払いは、設備や材料の調達のためであり、また職人さんへの給金になるのが通常です。

これは京都以外の工務店にも言えることですが、ほぼ前金と考えればいいでしょう。

ただ建築業界や地域的な慣例で、支払時期や回数は微妙に違ってきます。

リフォームを依頼する際は、事前に支払い時期や回数を聞いておき、それに合わせてお金を用意してください。

またその内容を確定させるために契約書に記載することを忘れないようにしましょう。口約束では堂々巡りになる恐れがありますので。

ローンを利用したリフォーム

ローンを利用したリフォーム

住宅ローンやリフォームローンを利用してリフォームする場合は、契約書に記載した内容に即して、支払時期に必要金額を用意する必要があります。

昔と違って多くの金融機関がこちらの要望をある程度聞いてくれますので、事前に金融機関に伝えておきましょう。

つなぎ融資を利用したリフォーム

つなぎ融資を利用したリフォーム

ただ工事の竣工時にまとめて融資を実行する金融機関もまだありますので、工事途中での支払いを契約書に記載している場合は、別途お金を調達する必要があります。

一般的につなぎ融資と呼ばれるものですが、つなぎ融資を利用するとその分余計に利息を支払わなければいけません。

さらにこのつなぎ融資は通常の住宅ローンより金利が高く設定してありますのでご注意ください。
工事が竣工してメインの住宅ローンの融資が実行されたら、すぐにつなぎ融資の返済を行うようにしましょう。

リフォームでは資金シミュレーションをしっかりと

リフォームでは資金シミュレーションをしっかりと

現在自分で所有する物件のリフォームではなく、新たに中古物件を購入してリフォームする場合は、最初に中古物件の購入費用を用意する必要があります。

特に京都・洛中は、新築よりも中古物件の方が多いもの。
この際つなぎ融資を利用すると金額が金額なだけに金利も馬鹿になりません。

中古物件の購入代金もリフォーム費用もまとめて住宅ローンで賄うのが理想ですが、どうしてもつなぎ融資を利用しなければいけない場合は、どうすれば返済金額を少なくすることができるかシミュレートするようにしましょう。リフォームをお考えなのであれば、京都人らしく、資金面も賢くリフォームしたいですね。

困ったときは、お客様サポート

「リフォームについてもっと知りたい!」、「こんなこともできるの?」など、
ご不明なことがあれば、お電話・メールにてお問合せ下さい!

電話で問合せ06-6376-4140 受付時間 平日9:00~18:00

WEBでお問い合わせ24時間受付中!