京都リフォームコラム
リフォーム工事に関する内訳

リフォーム京都 HOME > 京都リフォームコラム >リフォーム工事に関する内訳

拘りを詰め込みたくなる京都リフォーム

拘りを詰め込みたくなる京都リフォーム

リフォームの場合、掛かる費用で大きなものは材料費と施工費になります。材料費というのは、システムキッチンや床暖房などの設備や機器の費用、そしてフローリング材やドアなどの建材の費用の総称となります。施工費とは、リフォーム工事を実際に行う職人さんたちの人件費を指します。

システムキッチンを例にすると、サイズ的には同じものでも値段は30~200万円までとかなり幅があり、この値段の幅は主に材料が違いやオプションの違いで生じます。

システムキッチンのワークトップがステンレス製か人造大理石製かによっても大きく違いますし、キャビネット扉でも素材や仕上げの方法でもやはり値段が変わってきます。
それに加えて食器洗い機や浄水器などの機器を設置したいという思いや、せっかくなら京都の街並みになじむ高級感と上品さがある内装にしたい、など拘りによって値段が上下してしまうのです。

またフローリングでも、合板をメインにした複合フローリングとむく材のフローリングでは値段にかなりの開きが出ることになりますし、ドアにしても、むく材のものは化粧シートや突き板を使ったものより高くなります。

キッチンリフォームはこちら

内訳を事前に知っておく事が京都リフォームを成功させるカギ

内訳を事前に知っておく事が京都リフォームを成功させるカギ

次に施工費です。ビニールクロスと比較すると、漆喰、珪藻土などの塗り壁材は材料費が高くなります。

さらに塗り壁は職人さんが丁寧に時間をかけて塗っていく必要があるので、当然ビニールクロスに比べると人件費も高くなってしまうのです。

これ以外にも、キッチンや浴室などを既存の製品ではなく一品ものの造作で作る場合、当然人件費が高騰することになります。

あと収納の場合は、大工さんが作り付けるレベルのものか、家具職人さんが一から作るレベルのものになるかによって値段もかわってきます。

当然家具職人に作ってもらう方が飾りなどに時間を掛けて作りますので、値段もかなり上昇するはずです。

ここまで見てきたように、工事費は材料の質と工事にかかる時間と手間によって大きく変わってきます。材料費と施工費を考えることは京都でのリフォーム計画を立てるうえで重要になってきますので、十分に考慮してください。
もし予算がオーバーしてコストカットする必要がある場合は、材料の質を落としたり、施工の時間を減少させたり、手間を削ったりできないか、検討するために事前に優先順位をつけておくといざという時の対応が楽になります。

材料を選択する時の注意点

フローリング材

フローリング材

クッションフロアや複合フローリングを使った場合も、むく材をフローリングに使った場合も、人件費の面からはそれほど差が生じませんが、材料費はむく材の方がかなり高くなります。

壁材

壁材

塗り壁を採用した場合、壁紙を使った場合と比べて人件費がおそらく3倍~5倍かかることになります。
材料費も当然塗り壁の方が高いですので、塗り壁を採用する際はその点に留意しましょう。

※材料費と施工費を考えることはリフォーム計画を立てるうえで重要になってきますので、十分に考慮してください。

外壁塗装はこちら

初めての京都リフォームだからこそ

初めての京都リフォームだからこそ

リフォームとは家を買う事と同じくらい人生において重要な出来事です。しかしリフォームとはそう何度もできることではないので、分からない事だらけで不安になってしまうのも当然の流れです。

そういう時は、1人で悩まず専門家にどんどん相談してしまいましょう。
相談する前に分からない事をリストにしてまとめておくと、より悩みや不安を解消しやすくなるかと思います。初めてのリフォームのだからこそ専門家知識を借りて、初めての京都リフォームを成功させましょう。

困ったときは、お客様サポート

「リフォームについてもっと知りたい!」、「こんなこともできるの?」など、
ご不明なことがあれば、お電話・メールにてお問合せ下さい!

電話で問合せ06-6376-4140 受付時間 平日9:00~18:00

WEBでお問い合わせ24時間受付中!