介護保険制度
補助金を使って賢くリフォーム!

家族みんなで安心して暮らせる家

家族みんなで安心して暮らせる家

お年寄りの方や、身体に障害がある方にとっては家の中の少しの段差が原因でケガをする可能性が高くなります。
そういったことを解消するために段差をなくし、手すりなどを取り付けることにより安心して暮せるお家にすることができ、
自立するための歩行訓練などにも役立ち家族でサポートされている方の負担を軽減することにも繋がります。
また、廊下や出入り口幅を広げることや扉の変更や間取りを変更することもバリアフリーリフォームになります。

介護保険制度を利用した住宅改修とは

介護保険を利用してバリアフリー工事が出来ます。
要支援・要介護者がお住みになられている住宅ではなによりもバリアフリー工事(手すり取付等)が必要になります。
バリアフリーに関わる工事には「住宅改修費用助成制度」が適用され、介護保険により要支援・要介護者が対象者になり工事費の最大20万が対象になり18万円が支給されます。

介護給付制度利用の注意点

介護給付制度利用の注意点
対象者
要支援・要介護者
要介護認定を受けられており、被保険証をお持ちの方は介護給付を利用出来ます。
支給限度額
介護保険から支給されるのはバリアフリー工事の9割で、1割は自己負担になります。
20万円を超えた費用は自己負担になります。
利用回数
介護給付制度は原則1度しか利用出来ませんが20万円内であれば分けて使うことが出来ます。
※原則20万までですが、要介護の区分が3段階上昇時、転居された場合は再度20万円まで支給されます。
給付について
工事完成後に申請になりますので改修工事を行った利用者が一旦、費用の全額をお支払い頂き、その後費用の9割の支給を受けることになります。

介護保険対象工事

手すり取付け
廊下、便所、浴室、玄関等、移動の補助や転倒を防止する工事が対象工事です。
※福祉用具貸与に該当する手すりの設置は適用外になります。
段差解消
各部屋、廊下、トイレ、浴室、玄関等の段差解消や玄関から道路までの屋外の段差解消するためにスロープの設置工事等が対象工事です。
※昇降機・リフト等の機器の設置工事、福祉用具貸与は適用外になります。
床材の変更
滑りにくい床材等への変更、浴室においては床材の滑りにくいものへの変更等が対象工事になります
扉の取り替え
開き戸から引戸等への交換等の工事が対象工事です。
※自動ドアなどの動力部の設置する工事は適用外です。
洋式便器等への便器の取替え
開き戸から引戸等への交換等の工事が対象工事です。
※自動ドアなどの動力部の設置する工事は適用外です。
バリアフリー工事に付帯して必要となる工事
バリアフリー工事に伴う下地補強、配管工事、壁・床の補修などの付帯工事は対象になります。

介護給付制度利用の流れ

①住宅のバリアフリーについてケアマネージャー等に相談

②申請書類または書類の一部提出・確認

対象のバリアフリー工事の支給申請書類の一部を市区町村の介護窓口へ提出をお願いします。提出された書類が保険給付として給付対象の工事かどうか確認されます。

※提出書類は支給申請書・住宅改修が必要な理由書・工事費見積もり書・バリアフリー工事完了後の完成予定の状態がわかるもので写真、又は簡単な図面を用いたものが提出書類になります。

③現地調査・お見積り

④工事

⑤完成施工写真

⑥住宅改修費の支給申請・決定

工事終了後に領収書を市区町村介護窓口へ提出をお願いします。その後、事前に提出された書類との確認、対象の工事が行われたかどうかの確認後支給されます。

※提出書類はバリアフリー工事の費用に係る領収書・工事費内訳書・工事の完成後の状態を確認できる書類(対象工事箇所ごとの工事前後の写真で撮影日がわかるもの)・住宅の所有者の承諾書(対象の工事を行った住宅の所有者が当該利用者でない場合)が提出書類になります。

住まいの困った!お客様サポート

「リフォームについてもっと知りたい!」、「こんなこともできるの?」など、
ご不明なことがあれば、お電話・メールにてお問合せ下さい!

電話で問合せ06-6376-4140 受付時間 平日9:00~18:00

WEBでお問い合わせ24時間受付中!