空き家問題コラム
空き家になる前に話し合いを

リフォーム京都 HOME > 空き家になる前に話し合いを

空き家問題空き家になる前に話し合いを

マイホームへのこだわりが空き家を増やす

空き家が増えていることは事実で、これからも全国で空き家は増え続けると試算されています。もちろん、京都でも同じです。そして、空き家が増えている原因には、マイホームに対する意識の問題もあるのではないでしょうか。

昭和の時代、いわゆる戦後から高度成長期において、日本の不動産価格は上昇し続けました。不動産を持っていると値上がりで含み益が生まれ、資産形成にとって不動産は欠かせなかったのです。マイホームの考え方も、最初は買いやすい小さなマンションなどからスタートして、値上がりしたらより広い物件に買い換え、ゴールは理想としていた庭付き一戸建てでした。このようなパターンは「住宅すごろく」と呼ばれ、成功事例として多くの人が目指していました。

しかし、バブル経済の崩壊が、右肩上がりだった不動産価格を急落させたことで、長く住めるマイホームへと考え方が変わっていきました。新築住宅の35年ローンを利用して、その家にずっと住み続けることを前提にしたマイホームを選ぶ人が増えていきます。

ところが、高度成長期で不動産価格が上がり続けた時代、バブル崩壊後で不動産価格が下がり続けた時代のどちらでも、マイホームが「一生もの」という感覚は、日本人に共通の意識で変わりませんでした。

少子高齢化を迎えたこれからの時代は、「一生もの」のマイホームに永住するのではなく、ライフスタイルの変化によって適切な住宅に住み替えていくほうが合理的です。多くの人にとっては、結婚、出産、進学、子供の独立など、10年程度で転機が訪れるため、10年ごとに住宅を考え直す時期が来ます。

最後は老人ホームへ住み替えるとすれば、マイホームは処分しなくてはなりませんし、永住の考えを捨てて、賃貸を含めたその時にふさわしい住宅を選ぶべきでしょう。マイホームにこだわった結果、空き家を生み出すわけですが、長期的に住宅を考える意識を持っていれば、新築するときにも出口を考える習慣が付いて、これほど空き家が増えることもなくなっていくのではないかと思われます。

このようなことを言い出すと、賃貸をすると家賃の負担がある、住み替えをすると引っ越し代がかかるから、不経済だという声も聞こえてきます。しかし、不動産価格が上昇し続けた時代は終わり、マイホームで資産形成というのも空論となっているのです。逆に価値が下がって、負債になる可能性もあるのですから、時代の流れに合わせた意識を持つことで、空き家をどうするか悩む人も減るでしょう。

相続前に空き家を話し合うべき

空き家問題に大きく関わっているのが相続です。相続といっても相続税ではなく、親の資産(この場合は将来の空き家になる実家)を、子が受け継いで所有することです。どうしても生前に相続の話をするのは不謹慎と思われ、親子間でも話し合っているケースは多くありません。本来であれば、親子で相続について話し合い、コミュニケーションを取っておくほうが良く、相続前からどのようにすべきか決めておくことで、実家の相続もスムーズに行われるように思えます。

例えば、親の気持ちとしては、自分が建てた家に最期まで暮らし、相続した子供たちは子供たちの判断で実家を好きにしなさいと思っていないでしょうか。一方の子供たちは、自分の子供(親にとっては孫)が小さいうちは、マンションよりも戸建てで育てたいと思っているのかもしれません。それならば、実家とマンションを入れ換えて暮らすという選択肢が出てきます。

または、先祖代々受け継いできた土地なので、自分が死んでも子供たちが受け継ぎ、やがては孫たちが受け継いでいくはずだと思っている親だっているでしょう。ところが、子供たちは実家を離れて遠く都会暮らしを始め、結婚して家を持っているような状況では、生活を捨ててまで田舎に戻る気は全くなく、代々受け継いできたというこだわりよりも、実家とその土地を有効活用したいと考えているのかもしれません。このようなズレがあっても、早くから相談しておけば、何も話し合われないまま相続されるよりも良い選択をできるようになるでしょう。

遠慮せずに話すことも大切

親子関係はお互いに年齢を重ねても変わらないので、親にとって子供は一生子供です。実家に変えると「ちゃん」付けで呼ばれることもあるのではないでしょうか。子供が還暦を迎える年齢になっても、やはり子供扱いで、「資産を相続させて大丈夫なのかムダ遣いしてしまわないか」「老後はこの子に面倒を見てもらえるのだろうか」という心配をする親もいます。

子供は子供で、困ったときは親に頼りたい気持ちを持ちながらも、大人になってまで親にすがるのはプライドが許さず、本音で親と話し合わないこともあるでしょう。誰でもお金のかかる時期というのは存在していて、例えば子供が大きくなり教育資金やマイホームの購入資金できつくなったとき、実家を処分して親から贈与でもあれば助かると思っていても、実際に口に出す子供はいません。そうこうしていると、何とか苦しい時期を乗り越え、子供に手がかからなくなる頃には、現役をリタイヤして年金をもらい始め、もはや実家のことなど頭から消えてしまいます。

社会全体としては、必要な人のところにお金が回り使われていくことが重要で、金は天下の回り物とも言われます。その時その時で誰がお金を必要としているのか、年代によって変わりますから、例として挙げたケースでは、遠慮せずに親子で話していれば、実家の活用方法も変わってきたでしょう。相続する側もされる側も、お互いに相手の気持ちを考えながら話し合うことで、空き家問題はもう少し容易に解決できる問題なのかもしれません。

困ったときは、お客様サポート

「リフォームについてもっと知りたい!」、「こんなこともできるの?」など、
ご不明なことがあれば、お電話・メールにてお問合せ下さい!

電話で問合せ06-6376-4140 受付時間 平日9:00~18:00

WEBでお問い合わせ24時間受付中!