空き家問題コラム
空き家の価格について

リフォーム京都 HOME > 空き家の価格について

空き家問題空き家の価格について

4つの要素が空き家価格に影響する

不動産の価格は様々な要素の影響を受けますが、代表的な要素を4つ紹介します。空き家を売りたいと思っているなら、これらの要素を考慮することで将来の予測は可能です。

①需要と供給のバランス
在庫が減ると価格は上がるが、現在は在庫が増える状況のため早く売るほうが損失を減らせる。
②家賃の推移
家賃相場が下がる前に売りたいところ。都市部では下げ傾向にあるがまだ小幅な状態。
③オリンピック需要
東京オリンピックまでは建築需要が大きく、建築費が高騰しても建物が多く建てられる。どうしても在庫が増えるので、価格低下を招く前に売るほうが良い。
④不動産市場への資金流入量
日銀の金融緩和によって、不動産市場への資金流入量は住宅な状態。黒田総裁の任期である2018年までは同様の金融緩和が続く見通し。

これら4つの要素を踏まえると、在庫増加によって価格は横ばいか下がる傾向に向かいますが、金融緩和による下支えもあって、2018年までは大きく下がらないでしょう。

空き家の売却に時間がかかるかもしれない

不動産市場の上昇気流は、2016年の春までピークで、以降は横ばいの状態が続くと思われます。極端に下がる方向に向かわなくても、上がる方向には向かわないと予想できます。

このような膠着状態で意識しておきたいのは、価格崩壊は起きなくても、在庫が増えるにつれて買い手が自由に物件を選ぶようになり、空き家の売却に時間がかかるかもしれないという点です。これからは、買い手が有利な市場が訪れると考えておけば良いでしょう。

少なくとも価格査定くらいはしておく

空き家の売却をためらう理由がないなら、今すぐにでも売ってしまうべきです。それほど売る理由がない人は、「高く売れるなら売る」という都合の良い考えになりますが、相場を無視して高い価格を付けるのは得策ではありません。不動産には鮮度があり、長い間売れない物件は鮮度が落ちて敬遠されるようになるからです。ただし、すぐに売る場合でも後から売る場合でも、不動産会社に査定してもらうくらいはしないと、その判断が付かないのも事実です。上昇気流から停滞状態に移った今だからこそ、不動産として持ち続けるか、現金化してしまうか判断が急がれます。
京都で空き家の売却を検討中の方も、状況は同じです。空き家を保有し続けるか、売却するのか判断するためにも、一度価格査定をしてみませんか。

困ったときは、お客様サポート

「リフォームについてもっと知りたい!」、「こんなこともできるの?」など、
ご不明なことがあれば、お電話・メールにてお問合せ下さい!

電話で問合せ06-6376-4140 受付時間 平日9:00~18:00

WEBでお問い合わせ24時間受付中!